• トップ
バックナンバー

自動車の有益情報

新着情報

各メーカーが慎重になる安全面

自動車メーカーの安全性への取組

自動車メーカーの安全性への挑戦

自動車メーカーは、私たちの生活を豊かにする車という便利なツールを生産する反面、運転次第では走る凶器と化す車の生産を続けるため、安全性に関する取り組みは余念がありません。自動車の発展はエンジンや足回りの性能を向上させ、スタイリングの改良と大型化を進めてきました。安全性に対する配慮は1990年代に入り急速に高まり、エアバッグやABS(アンチロックブレーキシステム)が搭載されるようになり、2000年代に突入すると横滑り防止装置やバックモニター、障害物を知らせるセンサーなどが搭載されるようになりました。2010年以降はヘッドライトのLED化や自動ブレーキ(緊急ブレーキ)、車線逸脱警報、車内の搭乗者を守るためのカーテンエアバッグ、アクセルとブレーキの踏み間違いを感知するブレーキアシストなど様々な安全システムが搭載されるようになりました。現在開発中のシステムは自動運転システムであり、車線や信号の情報をカメラやセンサーで感知し、GPSを活用した自動車が実用化に向けた開発が進んでいます。このような安全システムの開発には莫大な費用が掛かり、費用と共に開発期間もかかります。安全性を確認するための費用は実際の事故を想定したものであることから、幾度も実験を繰り返しそこに莫大な費用が掛かります。このような車を自動車メーカーが生産することが新たな開発を進め、私たちの生命を守る要素となるのです。

↑PAGE TOP